2010年12月29日

ネットショップの商品価格

ネットショップの一番厄介なことが、比較されやすいこと。

とかく、この前サービスで挙げた価格はこの比較されやすい事項に当てはまります。
JANコードなどが登録された型番商品は、容易に比較されてしまいますね。

グーグルやヤフー等の検索サイトで、商品名等を入力し訪れた場合は、比較されずに済む可能性もあります。
まあ、検索サイトからお客様を流入させるには、検索サイト上位にいる必要がありますが。

楽天市場等のモールにお店を出店している場合、親切なことに、JANコードや商品名等で検索すれば価格の安い順に並べたりできる検索システムを用意してくれています。
これって、出店者からすると、大変ありがたくないサービスですね・・
まあ、購入者の視点に立てば、いいサービスなんですが。

ただ、幸いなことに、検索条件を指定しない限り、検索結果は値段の安い順には並びません。
楽天市場の検索結果にはレビューの数、商品の売れ数などなど色んな要素が絡んでいるようです。
詳細は公開されていませんが。

とはいっても、検索条件を指定すれば、価格が安い順に並んでしまうのも確か。
ある程度の価格競争は仕方ないでしょう。

この価格については、正直なんとも言えません。
個人的には、出来る限り、価格以外の項目で勝負してもらいたいというのが、私の考えなので。
小売りである以上、ものを売った利益で諸々やりくりしなければならないわけですから。
価格に手をつけるのは、本当に最後の最後にした方がよいと思います。

ここまで価格競争すると決めておき、それ以上は追従しないで、他の面で勝負するのが一番かと思います。
posted by tomochan at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットショップ運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。