2010年12月31日

低価格戦略

楽天市場ではショップオブザイヤーという賞を毎年選定しています。
利用されたお客様の評価やお店の売上等総合的に判断して、決めているようですが。
取れれば、お店のイメージアップにもなりますし、とれれば大変武器になります。
お客様からのイメージももちろんですが、取引先、特に銀行などですね、アピールポイントになります。
業務拡大するには、お金が必要、融資を受けようなんて時にあるとないとでは信用度が違います。
まあ、ここで言わずもがななんですが。

ただ、このショップオブザイヤーを受賞して、倒産なんてことになっているお店も少なからずあるようです・・・。
私も、えっ・・と思ったお店が倒産になっていたりします。

2010年では「伊勢エビのワールドシー」を運営していたヤマカが自己破産したようです。
このお店、私も個人的に利用したことがあり、お客様に対する対応(メール、商品の発送状態などなど)がよいお店と思っていたので、大変びっくりしました。

何でも、低価格戦略が利益を圧迫し、昨今の景気後退が売上減少につながったとか。

うまくいっていても、低価格戦略はかなり危険度が大きいことを示しているように思います。
というか、うまくいっているように見えただけで、実はうまくいっていなかったことを示しているのかもしれません。

特に規模が大きいお店になりますと、利益の圧迫度合いもそれ相応に大きくなってくるわけで。
ネットショップで成功しているお店は、ごく小さいお店からスタートし、大きくなったお店も多々ありますので、この辺を肝に銘じて運営していかないと、長い目で見て危険かもしれません。

安易には低価格戦略には踏み込めないですよね。
posted by tomochan at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットショップ運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。