2008年10月10日

クォーク 南部洋一郎氏の著作

2008年のノーベル物理学賞を受賞したことで一躍、一般の方にも知られることになった南部さんですが、南部さんがお書きになられたブルーバックスの著作が今アマゾンで人気急上昇中のようです。

クォーク―素粒子物理はどこまで進んできたか (ブルーバックス)

量子力学の領域なんでしょうけど、今度読んでみたいと思ってはいます。シュレディンガーやらなんやら出てきそうな気が・・・。
かなり知的好奇心を満たしてくれそうな1冊ではあります。
posted by tomochan at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本 科学もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。